語学堂 ぎゃらり〜A


延世大学 韓国語学堂
연세대학교 한국어학당




日本にいた時、語学堂の授業風景が一体どんな感じなのか
期待に胸を膨らませていた。( ´ー`)

もちろん、期待以上に不安も強く、正直ビビッていた。 (^_^;

一番の不安要素はやはり「語学力」だった。
そもそも語学力に自信があれば、留学などしないのだが、
韓国語だけを使う授業についていけるのかが心配だったのだ。

ふたを開けてみると、日本である程度の準備をしていたためか、
全く授業についていけないという最悪の事態は避けられた。 (;^_^A

周りを見ると、あいさつ程度しか話せない人が意外と多かった。
それでも、3ヶ月がんばると、みんな話せるようになっているのだ。
実に不思議だった。

以前に、海外での3ヶ月(の勉強)は日本での1年分と聞いたことがあるが、
これは紛れもない事実だった。

もちろん勉強しなければ伸びないが、
努力をすれば確実に上達できる環境なのだ。( ´ー`)


少し話が逸れたが、語学堂の教室だ。


教室。

自己紹介として、自分の名前を書いた紙を張っておく。
1級の生徒は自分の名前すら書けない人もいるが、
それが許されるのは最初の2、3日だけ。
宿題等の提出物に名前を書かなければならないからだ。

席順は最も重要で、初日は早く来て席を確保したほうが良い。
凹 ←こんな感じで席が並んでいるが、

とにかく端の席は避けたほうがいい。

まず黒板が見にくい。
そして、例文を1人ずつ発表する時は端から当てられるため、
自信がない人はちょっと厳しいかもしれない。

また、窓側にエアコンみたいなのがあるのだが、
この近くに座ると、夏は寒く、冬は暑いので授業に集中できない。

そう考えると、中央付近が最も安定した席だと思われる。




イス。

これには悩まされた。
非常に腰が痛くなる。(=_=;)
延世語学堂の代表的な欠点だ。




テレビと洋服かけ。

冬場はみんなコートをかけるので、端に座ると視界がさらに悪くなる。




地図。

休み時間に地図を見ながら、韓国の地名を覚えたりした。
もちろん一人旅のためだ。(^_^;


授業に関しては、基本的には和気藹々としている。
時々、雰囲気の悪いクラスがあるが、極まれだ。
もし、そういうクラスにあたったら、変えてもらえばいい。( ´ー`)
理由は「日本人が多い」とか何でも言ったもん勝ちだ!

1級の頃は遠慮して、我慢する日本人が多いが、
半年も過ぎると、それではやっていけないことに気付き、
はっきりと自己主張できる人が増えてくる。

要は、最初からぶっちゃけろ!ということだ。( ´ー`)

俺のクラスは本当に良い雰囲気だった。
1級のクラス仲間はその後の留学生活を大きく左右するため、
とにかく仲良くしといたほうが良い。

3級位になると、すでにグループが形成されており、
新しい日本人の友達ができにくくなるのだ。

逆に、韓国語が上達すると日本人以外の留学生と仲良くなれる。
日本人とカナダ人が韓国語で会話をしている姿を
韓国人は一体どのように見ているのだろうか? (-_-;


1級の頃は簡単な文法しか習わなかったが、
一人ずつ即席で例文を発表させられた。

周りの人間よりも、いかに面白いことを言うかを競っており、
その例文が正しいかどうかは二の次だった。

俺もなんとか頭をひねりながら、周りが笑ってくれそうな例文を作った。
時々、面白い例文が
全く作れない時があり、そういう時は、
日本人しか分からないような「〜많고〜」を連発して場を切り抜けた。

韓国語が読める人は、俺のキャラが少しは見えてくると思う。(o^-')b

まあ、どうしようもない人間なのだ。( ̄^ ̄)

とにかく、俺のいたグループは笑いに妥協を許さなかったな〜 ( ´ー`)



とにかく、留学生活は「百聞は一見にしかず」という言葉が当てはまる。
迷っているのなら、迷わずに行ってみるべきだと思う。
おそらく他の国の留学もそうだ。

いろいろなサイトを見てみたが、
授業風景があまり紹介されていなかった。

おそらく、留学前に一番知りたい授業風景。

写真すら載っていないのが実に不思議だった。o(・_・= ・_・)o













では、紹介しましょう。( ̄^ ̄)









延世大学 語学堂授業風景
授業風景。


載せてはみたものの、ほとんど意味がない気がする。 (=_=;)
これでは臨場感が全くと言っていいほど伝わってこないぞ。 (-_-;









俺の技術では無理だが、動画にしよう、、、( ̄^ ̄)





語学堂の授業風景クリック!

ド〜ン!!!





4級の試験後の授業なので、そうとうマッタリとしてますが、
少しでも参考になればと思います。

試験についてはすでに日記本編で紹介しているので、
語学堂Bでは発表会等について紹介できればと思います。







新村ギャラリー