留学後記@



2005年8月1日(月)@ 映画を観る。


原宿に戻ってきた。
ここは緑が多く、実に気分が良い。( ´ー`)

道は観光客で溢れているが、みんな俺をよけてくれる。

道で人とぶつからないのだ!

こういうところで違和感を覚えるようになったということは
ドップリと韓国生活に浸かった証拠なのだろう。 (-_-;;

天気も良いので部屋に荷物を置いて遊びに行くことにした。
久しぶりに、新宿で映画を観たり、ショッピングをしたかったのだ。


韓国にいた時から観たい映画はいくつかあった。

「우주전쟁」(宇宙戦争)は我慢できずに観てしまったが、
韓国語字幕のスピードがなかなか速く、理解度が90%程度だった。

そのため「아일랜드」(アイランド)だけは100%理解したくて、
くやしくも日本で観ることにしていた。 (^_^;

まず映画館に行って驚いたのは、

「アイルランド」だと思っていた題名が、実は「アイランド」だったことだ。

なるほど、やはり英単語のハングル表記は難しい。 ( ̄_ ̄|||)

新宿の映画館でこんなことを再認識するとは思ってもいなかった。

まあいい。
映画を楽しめればそれでいいのだから。 (-_-;)


映画が始まった。
内容自体は非常に面白い。
映像もすばらしい、、、
間違いなく、マイケル・ベイは天才だと思う。


韓国でハリウッド映画を観ていた時は、
韓国語字幕を目で追うのに必死でずいぶん肩に力が入っていた。
留学生なら字幕のスピードがどれだけ速いのかを分かってくれると思う。
速いだけならまだしも、字幕が出た瞬間に消える時もあるくらいだ。
まるで「点滅」のようだった。
ハリウッド映画をリラックスして観られた事はあまりなかった気がする。

そういうこともあり、日本ではまず映画を観に行くことにしていた。( ´ー`)





が、、、







予想外の事が起こった、、、






日本語字幕も追いつかない、、、_| ̄|○

なんなんだ、このスピードは、、、( ̄Д ̄;;)



結果、俺はがんばって日本語を読んだ。

せっかく楽しみにしていた映画なのだ。

楽しまなければ!いや、その前に理解しなければ!


後半になって、ようやく全部読めるようになったが、非常に疲れた。(=_=;)

よく考えてみると、この1年間は日本語を急いで読むという機会がなかった。
語学というのは不思議なもので使わなければすぐに使えなくなってしまう。
頭の中ではよく分かっているつもりだったが、
まさか自分の日本語がここまで落ちているとは思わなかった。

留学中、どんどん漢字が書けなくなっていく事は気になっていたのだが、、、

まあ、そのうち慣れてくるか、、、(ーー;)

ある意味、日本での生活も不安だ、、、_| ̄|○





2005年8月1日(月)A CGV。


CGVとは、最近韓国で人気のある映画館だ。
そこそこ大きい駅であれば、かなりの確率でその駅ビルにある。
俺がよく行ったのは朱安のCGVだ。
ソウルから少し遠いが、友達が住んでいたため、よく遊びに行った。
ソウルでは龍山(용산)のCGVに時々行った。




朱安駅(주안역)。 ( ´ー`)
向こう側に見える駅ビルにCGVがある。




中に入ると、こんな感じ。
実に綺麗だ。( ´ー`)

韓国では映画の料金がどこでも同じであるため、
なるべくCGVのような綺麗な映画館で観るようにしていた。(*^^*)

留学生活も半年を過ぎた頃から、遊ぶ場所を探すようになるが、
ちょうどその頃から韓国語の実力も伸びてくるため、
映画館という場所を重宝するようになる。

まあ、最終的には、

映画を観るくらいしかなくなるのだが、、、 (-_-;)

最近の韓国はこのように綺麗なスポットが増えている。
ここはぜひお勧めしたい場所だ。
留学生はここで語学力を鍛えるべし! ( ̄^ ̄)


他にもお勧めの映画館があるので機会があれば紹介します。
m(_ _)m