新聞翻訳編@


감기 갈리면 초콜릿 드세요
(風邪にかかったら、チョコレートを召し上がって下さい)

기침  억제성분  함유
咳(咳嗽)抑制成分含有

 
@초콜릿에  감기환자의 기침을 가라 앉히는 특효물질이
들어있다는사실이 밝혀졌다.
 
@チョコレートに風邪の患者の咳を鎮める特効物質が、
入っているという事実が明らかになった。

 
A영국 런던 임피어리얼 대학 브롬프턴 병원의 피터 반스 박사는
「미국실험생물학협회(FASEB)저널」
최신호에 발표한 연구보고서에서 초콜릿에 들어있는 성분 중 하나인
테오브로민이 현재 감기의 진해제로 쓰이고 있는 코데인보다 약 30%
효과가 큰 것으로 밝혀졌다고 말했다.

A英国ロンドンのインペリオール大学(Imperial College)、
ブロンプトン病院(Royal Brompton Hospital)の、
ピーター・バーンズ(Peter Barnes)博士は、
「米国実験生物学協会ジャーナル」の最新号に発表した研究報告書で、
(The Federation of American Societies for Experiemental Biology Journal)
チョコレートに入っている成分の中の1つであるテオブロミン(theobromine)が、
現在、風邪の鎮咳剤に使用されているコデイン(codeine)より、
約30% 効果が大きい事が明らかになったと述べた。


B테오브로민은  또  기존의  감기치료제와는  달리  심혈관  또는 
중추신경계에 영향을  미쳐  졸음과  같은부작용을  유발하지  않는
것으로  확인됐다고  반스  박사는  밝혔다.

Bテオブロミンは、又、既存の風邪治療剤(薬)とは異なり、
心血管系又は中枢神経系へ影響を及ぼしたり、眠気といった副作用を、
誘発しないことが確認できたとバーンズ博士は明らかにした。


C반스  박사는  일단의  실험참여자를  대상으로  테오브로민, 코데인 
또는  위약을  투여한  뒤  임상연구에서  흔히  기침을  유발하는  데
쓰이는  캅사이신에  노출시켰다.

Cバーンズ博士は実験参与者を対象に、テオブロミン・コデイン・
偽薬(placebo)を投与した後、臨床研究でよく咳を誘発するのに使用される
カプサイシン(capsaicine)に暴露させた。


D그  결과  테오브로민  그굽은  기침을  유발하는  데  필요한 
캅사이신의  양이  위약그룹에  비해  약  30%  높은것으로  나타났다. 

Dその結果、テオグロビン グループは咳を誘発したが、
必要なカプサイシンの量が偽薬グループに比べ、
約30% 多いと発表した。(以上)


《追加》
テオグロビンには咳抑制作用があるため、
咳を誘発するのにより多くの咳誘発物質が必要であったということです。
「グラム」とか具体的な単位(数字)はよく分からないので、
仮に「NOC」という単位で説明すると、
咳を誘発するのに必要なカプサイシンの量は、

偽薬群:100
(NOC) ←薬効がないため。
テオグロビン群:130
(NOC) ←抑制しているため、より多くの量が必要。

一応、これでテオグロビンの咳抑制作用を証明しているわけですが、
コデインよりも30% 効果があるという根拠はどこにもないんですよね、、、

英語の文献にも目を通しましたので、この1行を付け加えておきます。

・コデイン群:ほぼ100
(NOC)

これと比較することで、コデインより30%効果があるといえるわけです。


《注意事項》
風邪にかかったからといって、チョコレートを食べまくるようなことはしないで下さい。
薬物として使用するには、まだ時間が必要だと警鐘を鳴らしている
専門家も数多く存在します。







韓国留学日記 新聞翻訳編