韓国留学日記


2004年6月27日(日) ハスク情報A



ハスク(下宿)を選ぶ時に注意しなければいけないことがある。
それは「犬」の存在である。
俺のハスクにも犬がいる。
しつけられていないため、廊下のあちこちで、
おし○こ、う○こをする。
下を見ないで歩くと、踏んでしまいそうだ。
(俺はまだ大丈夫ですが、時間の問題かも、、、)
しかも汚物により、虫(ハエetc)が多いです。--;;;;
アジュンマが気付いた時に掃除しているが、
特に夜中、眠い目をこすって、トイレに行く時などは要注意である。

Rollyなんか盲導犬であったため、
トイレの時間まで決まっているというのに、、、




この犬です。名前なんか知りません。
もはや我慢の限界である。
俺はこの暑い中、室内用スリッパ買ってきました。

アジュンマが溺愛していますが、
まことに勝手ながら、

こいつを補身湯(犬鍋)にすることに決めました。
(補身湯:ポシンタンと読む)

かわいそう?
俺、犬好きですけど、かわいそうだとは思いませんよ。
QOL(Quality of Life)下げられているので、、、

このハスクを出る時は、
「アジュンマ、今までの感謝の気持ちをこめて補身湯を作りました。」
こんな計画でいこうかと現在思案中です。

一応、簡単に補身湯(犬鍋)について説明させて頂きます。

以前から韓国の食文化の中に犬を食べる風習がある。
夏バテ予防食をとる三伏日に、犬肉を食べるのは有名である。
「トンケ」とよばれる犬の肉がおいしいと聞くが、
写真の犬はどう見ても、「トンケ」ではなさそうである。
まあ、いっか〜。(*'-'*)
「トンケは頭が悪い犬だけど、肉はとびきりおいしい」
とまで言われているみたいですね。

しかし、1988年のソウルオリンピック開催時に、
国際的な非難を浴びて、裏通りに店をだすようになり、
更に「補身湯」では、イメージが悪かろう、ということで、
「栄養湯」という単語も作られました。^^;;;;

また2002年のW杯開催時もFIFAから激しい非難を浴びた。
オリンピック開催時は犬食自粛傾向であったが、
最近では肯定する動きがでてきているようですね。

法的には畜産物加工処理法で正式に認められていないため、
加工・流通には問題があると言われています。
現在、政府は黙認している状態です。

俺は別に他国の食文化を批判するつもりは全くない。
どちらかというと、
今回はかなり賛成派に位置している方である。

職安通り(新宿)にも補身湯を扱った店があるみたいですよ。
時間と勇気のある人はぜひ行ってみてくださいね。^^

また今回は補身湯について調べてみましたが、
少しカルチャーショックを受けました。
犬食のことではないです。
これは以前から知っていたので、、、
すごい組織を見つけてしまったためです。
それは、

全国犬肉食堂連合会(全犬連)
犬肉食品研究所です。

最後に一言だけ言わせて頂くと、
「FIFAが他国の文化を批判するのはどうかな〜」




2004年6月28日(月) 韓国人の情の厚さ。



日本にいた時から、韓国人は情が厚いということを耳にしていた。
一度仲良くなると、本当に親身になって相談に乗ってくれる。

今回の留学には保証人が必要であった。注:日本人の場合。
本来は学校選びの前に、保証人を探さなければならない。
俺は親戚に韓国人がいるわけでもない。
困り果てている時に、知り合いの韓国人の友達に相談してみた。
しかし、「韓国人の友達」とは言っても、まだ2回しか会っていないし、、、
半分諦めていたが、
「困っているなら、私が保証人になってあげる。」
という信じられないような言葉を頂いたのである。
以前から、メール交換はしていたが、
実際に会ったのは、2回(3日)だけである。
本当に彼女には頭が上がらない思いである。

渡韓後もいろいろな場所を案内してくれた。
「感謝」というありきたりな言葉であるが、
改めてお礼を言いたい。

カムサハムニダ〜^^




2004年6月29日(火) ハスク情報B



今日はハスクの食事を紹介したいと思います。
一般的なハスクでは、食事は1日2食(朝、夕)付きます。
しかし、日曜日は食事がでない所もあるため、
最初に確認する必要があります。

俺のハスクは日曜日も食事がでます。^^
最初、俺は日曜日にはでないものだと思い込んでおり、
夕食の時間に「辛ラーメン」を食べていました。
それを見たアジュンマに、
「NOC!私の料理はおいしくないの?」
と言われてしまいました。^^;;;
一瞬、悪い印象を与えてしまったかも。( ´ー`)
「知らなかった」ということで、納得してくれました。
本当に知らなかったし。

最近、俺はよく「外国人だから知らなかった。」を使う。
確信犯的であるが、韓国ではそのほうが楽である。^^;;
まあ、本当に知らなかった事もたくさんあるので。





今日の朝食です。
下のほうにあるご飯とスープは自分でよそいます。
今まで「まずい」と思ったことがないので、
自分では満足しています。

万全を期してハスク選びをしたい場合は、
食事を食べてから決めたいと言えば、食べられるはずです。
韓国の大学生はあまりハスクで食事をしないため、
いつも大量に余っているからです。




2004年6月30日(水) NOC、学食へ行く。



韓国に来て、いつの間にか2週間が経ってました。
なんかもう1ヶ月くらいいるような気がします。
それほど充実した日々を送っていると思います。
旅行に来た時のように、積極的に観光にも行っています。
ただ観光旅行の時とは違い、ひとつの場所でゆっくり見られるのも、
留学生の特権といえるのではないでしょうか。

勉強しろ!等のツッコミだけは勘弁してください。
m(_ _)m


今日は、生活にも慣れてきて、
「せっかく延世にいるんだから学食でも行くか〜」
と、勢い余って行って来ました。
延世大学には複数の学食があり、
今日行った所は、かなり綺麗な学食でした。
もっと汚いというイメージがあったため、
ちょっと驚きました。





「ビーフカツ」です。
このボリュームで3000won(約300円)です。
この学食で一番高いメニューでした。
全体的に味も悪くないです。^^

ハスクにいる人は朝・夕食が付くため、
昼に学食に行けば、本当に安く生活できます。

韓国は地下鉄やバスも安いため、
本当に金銭的には生活しやすいです。

今後も学食等の大学施設や語学堂について、
少しずつ紹介していきたいと思います。




2004年7月1日(木) クラス会。




先日、語学堂のクラス会がありました。
「これからよろしく〜」という事で、どのクラスでもこの時期に行われます。
クラスの人と仲良くなるには絶好の機会です。
当然、日本人だけでなく、アメリカやいろいろな国から来た留学生と
一緒に食事をしました。
共通語は@英語、A韓国語、B身振り手振り、^^;;でした。

この留学を通して、韓国人はもちろん、
世界各国の留学生と友達になりたいと思っています。
本当に楽しい時間を過ごせました。
みんな、また飲もうね!
みんなマジで酒強かったです。 (-_-;)
注:NOCは酒が好きですが、かなり弱いほうです。

以前は日本人だけのクラスが多かったようですが、
今学期では、多くても日本人がクラスの約半数みたいですね。
やはり国(文化?)が違うと、しばしば驚くことがあります。

1時間遅刻しても堂々と教室に入ってくるし、
先生に理由を聞かれても、

「インターネットをやってました。」

こんな感じです。^^;

そして授業中にも、

先生「何がおいしいですか?(韓)」
学生「学生です。(韓)」
先生「・・・」
俺  「(冗談なのか?いや、本当にそういう文化なのか?)」
(( ;゜д゜))アワワワワ ←ひとりで動揺してました。

俺はこのような素晴らしい仲間(+美人の先生)と一緒に、
楽しい留学生活を送っています。

まあ今日の日記で一番大事なことは、

おい、○○○○○氏! ←(モンゴル出身)

俺だけは食うなよ!!!ってことです。




2004年7月2日(金) 韓国人の情の厚さA



今日は週末ってことで、クラスの仲間と一緒にお酒を飲んできました。
留学生活に慣れたとはいっても、
まだまだ行きつけの店なんてないため、
新村の町を開拓してみよう!ということになりました。
地下にあるお洒落なバーに行ってきました。
なかなか雰囲気も良かったです。
今後は、観光では行けないような、
現地の人しかいない店を紹介したいと思います。

今日は韓国人の情の厚さに驚いた話をしたいと思います。
6月28日に無償で留学の保証人になって頂いた話をしましたが、
今回も同様に無償で名義を貸して頂きました。

留学生活、いや、日常生活で、
もはや不可欠なアイテムは何でしょうか?

ずばり携帯電話だと思います。
(韓国ではヘンドポンといいます。)

これがないと、とにかく不便だし、友人からの誘いも激減しそうです。
つまり、携帯電話は渡韓後に、
急いで手に入れなければならない物のひとつです。

留学生が携帯電話を手に入れるには、いくつかの方法があります。
以下、簡単に紹介させて頂きます。

(1) 外国人登録証、パスポート、銀行通帳(確か残高10万won以上)、
    保証金、本体費用(だいたい10万won以上はします)
    
(2) 韓国人の友達に名義を借りる。

(3) ハスクのアジュンマに名義を借りる。

(4)  仁川国際空港で借りる。1日3000won+通話料がかかる。
     高いため、短期のみ有効か。

他にもありそうですが、だいたいこんな感じでしょう。

(1)の場合は、外国人登録証が必要になりますので、
語学堂が始まって、実際、手に入れるまでに、
早くても1、2週間はかかります。
最初のうちは、積極的に友達と連絡をとりあい、
外へ出たほうが良いかと思います。
もちろん携帯電話がないからといって、
駄目というわけではありませんが、
周りの人を見ている限り、
やはり持っていたほうが良いかと思います。

俺は(3)でした。保証人に頼もうかと思いましたが、
そこまで頼むのもなんか悪い気がして、
ハスクのアジュンマに頼んでみました。
すると「じゃあ、明日買いに行こう。」
と、あっさりOKをもらいました。

他の人にも聞いたところ、ほとんどのハスクでは、
アジュンマに保証人になってもらえているようです。
たまに理解のないアジュンマがいるようなので、
入居前の交渉時に聞いてみるといいと思います。
「保証人になってくれないなら、別のハスクに決めますけど、、」
これくらい強気でハスク選びをしたほうが良いかと思います。
ハスクの空き部屋はいくらでもあるので心配いりません。

でも、アジュンマと買いに行って、自分の携帯を手にした時は、
本当にうれしかったです。
親に泣きついて、おもちゃを買ってもらった時のような、
どこか懐かしい感情でした。 \(^o^)/

はっきり言って、このように無償で名義を貸してくれる事って、
日本では、まずないですよね。
本当に感激しました。
アジュンマ、本当にありがとう!

ただし、まだまだ機能を使えるレベルではないです。
ハングル表示で全然分からないし、、、(-_-;
知り合いの韓国人にアラームの設定をしてもらいましたが、

「コケコッコー!」

と、毎朝、センスのない、元気な鳴き声が響いております。(^_^;
もちろんアラーム音の変更なんて今の俺にはできませんよ。
あと電話帳への登録も、ハングルの打ち方も、、、、、
誰か俺に救いの手を!
m(_ _)m





留学生の必需品です。
ストラップは日本から持ってきました。^^




韓国留学日記一覧