韓国留学日記


2004年11月28日(日) とある韓国人。



今日は以前からメールで連絡を取り合っていた韓国人と会ってきました。^^
実際に会ってみると、非常にかわいらしい子でした。 (^▽^)v

試験前に何やってんの?というツッコミは覚悟の上ですが、

留学生活の中で、 貴重な日曜日を試験勉強だけで終わらすのって、
どう考えても、もったいないじゃないですか。^^

ということで(?)、今日は時間を見つけて会うことにしました。
一応、2時に弘大(ホンデ、홍대)の駅で待ち合わせをしていたんですが、
家を出ようとした時、メールが来たんですよ。

「申し訳ないんですが、、、」という文字が目に入った時は、

またドタキャンかよ!と一瞬キレそうになりましたが、

マジでありえない事が書いてありました。--;;;


「早く着きそうなので、待ち合わせの時間を、

1時45分にしてもいいですか?



韓国に来て、半年が過ぎようとしていますが、
こんな韓国人には初めて会いました。(^_^;
時間を早めるだけでなく、15分前に、という細かい設定をしてくるとは、、、

韓国で生活したことがない人は分からないかもしれませんが、
マジでありえない事なんですよ。

俺の経験上、当日の連絡は「遅れる」か「やっぱり会えない」です。
まあ、連絡があるだけマシなほうで、30分待った後に電話をかけると、

「あ、今日会えなくなった。」
←こんな感じの人も結構います。--;;;

「韓国人もやればできるんだな」と妙に関心してしまいました。^^;;

違う意味でカルチャーショックを受けてしまいました。

ちなみに、その子と何をしたのかは秘密です。 (*^^*)


そういえば、明日は試験か、、、(=_=;)

そろそろ、現実逃、勉強してきます。^^;;;




2004年11月29日(月) 2級期末試験@。 



先週の金曜日と今日の2日間にわたって、期末試験が行われました。^^
以前から、2級の期末試験からは急に難しくなるという噂があったため、
今回は少しずつ勉強していました。d(^-^)!

試験日程は、下記の通りで、中間試験と全く同じです。

1日目:@マラギ(말하기 Speaking)、Aイルギ(읽기 Reading)、
2日目:Bスギ(쓰기 Writing)、Cトゥッキ (듣기 Listening)、

@マラギですが、今回の山は「間接話法」です。

「〜が〜と言っています」
「〜が〜してくれと言っています」

こういった間接話法について問われたようです。

というのは、俺だけフリートーキングになってしまったんですよ。^^;;

今回も会話形式で、そうなった経緯も含めて紹介したいと思います。

先生「あ、NOC。座ってください。」
NOC「よろしくお願いします。」
先生「はい。NOCは韓国生活が楽しいですか?^^」
NOC「まあまあです。」

注:韓国での「まあまあ」は「普通以下」を意味します。

先生「あ、そうですか?どうしてですか?」
NOC「正直に言っても良いですか?」
先生「はい。正直に言ってください。」
NOC「分かりました。」

NOC「信用できない韓国人が多いので、まあまあです。」

先生「あ、そうですか?」
NOC「はい。」
先生「・・・・・・・・」
先生「留学生活はいろいろなことがありますから、何でも相談してくださいね。」
NOC「はい。」
先生「NOCはいつまで韓国にいるつもりですか?」

早く話をそらしたかったようです。

NOC「来年の6月までの予定だったんですが、、、」

NOC「信用できない韓国人が多いので、3月までにします。

再び話を戻す。

先生「そうですか、、、、」
NOC「容姿は似ていても、日本人と韓国人は考え方とか全然違いますね。」

こんな会話が延々と続き、試験という感じではなかったです。

先生「NOCは授業中は全く話しませんが、意外と会話ができるんですね。」

最後にこんな言葉で締めくくられた試験でした。^^;;
あまり参考にはならないと思いますが、一応紹介だけさせて頂きます。^^;;

とにかく、2級の期末試験でマラギの山は「間接話法」です!


次は、Aイルギです。
以前にも紹介していますが、イルギの試験は長文読解問題です。
その長文は教科書の文章が出ますので、
試験前に復習しておけば、全く問題ないです。^^
日本人なら、90点以上は取れると思います。
4つの試験の中では、イルギが一番簡単です。^^


試験前日に、ピャンパが新しい辞書(音が出ない) を購入していたため、

こいつ、、、また試験中に辞書使う気か?
(詳細は10月27日の日記を参照してください。)

しっかり対策を立ててやがるな、、、、(ーー;)

こんな感じで考えていましたが、周囲の期待を裏切るかのように、
今回の試験では、辞書は使っていませんでした。

まあ、先生のすぐ前の席に座った時点で、

ポジショニングをミスったようですね。 ←全く信用してない?

次回は、Bスギ、Cトゥッキについて紹介したいと思います。


【お詫び】
昨日はあまりにも激しい飲み会だったため、更新が遅れてしまいました。
申し訳ありません。
m(_ _)m




  _| ̄|○、;'.・ オェェェェェ

2004年12月1日(水) 2級期末試験A。 




今日は、Bスギ(쓰기 Writing)、Cトゥッキ (듣기 Listening)の紹介です。

中間・期末試験で一番重いのは、Bスギです。
試験勉強の70〜80%は、このスギに費やすことになります。
単語テストのような感じではなく、
とにかく教科書の文法を理解しているかを問われます。

対策としては、教科書の本文や例文を理解した上で、
問題集を解けば、問題ないと思います。^^
これだけしっかりやれば、日本人なら、80点前後は取れると思います。

最後の問題は、中間試験と同様に、習った文法を使った作文でした。
とにかく内容を理解することが大事だと思います。

次は、Cトゥッキです。
対策が立てられない分、楽と言えば楽なんですが、
失敗する確率も高い試験です。
どんどん次の問題に進んでしまうため、一度聞き逃した問題を解く事が、
非常に厳しいからです。

どんなに実力がある人でも、「集中力を切らしたら負け」みたいな試験です。

前にも書きましたが、日頃から韓国人と話すことが大事でなないかと思います。

とにかく、試験前は勉強した方が良さそうです。^^;;
ただし、1週間前から少しずつやるとか、刻んでやったほうが良いです。^^

正直、一夜漬けでは無理ですので、、、^^;;

さて、試験も終わったことだし、
そろそろ旅行の準備でもしようかと思っています。

えっ?
どこに行くって?

そんなこと俺にもわかりませんよ。

その日の気分で行く場所を決めるので、、、

俺がどういう旅行をしているのか知らない人は「番外編1」を見て下さい。^^
今度は「番外編2」を予定しています。
お楽しみに♪




2004年12月3日(金) 2級終了。 



今日で2級の授業が全て終わりました。
1級の時に比べて、いろいろ大変な事があったけど、
大変だっただけに、それだけ実力も上がったのではないかと思っています。

中間試験後は適当に語学堂に通い、
授業後は韓国人とひたすら話すというスタイルでした。

その成果なのかは分かりませんが、
街を歩いている時、ようやく周りの会話が聞こえるようになってきました。
もう少しで自分の目標に届きそうです。^^


ところで、11月10日の日記で約束した事を覚えていますか?

「絶対に遅刻を減らす」という約束ですよ。^^;;

あの時は、9日間のうちで7日も遅刻していましたが、

その後は17日間で11日しか遅刻しませんでした。

パーセントで見ると、

77.8%(7/9) → 64.7%(11/17)

遅刻が激減しているのがよく分かるかと思います。( ̄^ ̄)


明日から、冬休みに入るので、充実した休みにしようと思います。^^


【クラスのみんなへ】
最後の最後までご迷惑をおかけしました。m(_ _)m
言い訳をさせてもらうと、
まさか今日、2限目で終わるとは思ってもいませんでした。
11時に起きて、12時から出席しようかなと思っていたんですが、、、
下校の人の波に逆らいながら、登校したのは生まれて初めてです。
とにかく、俺が着くまで待っていてくれた先生、友達に感謝します!
いろいろ楽しい思い出をありがとう!




2004年12月4日(土) ???? 



すみません。更新しようと思ったんですが、
ジオシティーズの調子が悪いみたいです。

それにしても、自分のHPにアクセスできないのって、結構辛いですね。--;

この文章がアップされているのかも分からない状況で、、、

復旧次第、更新します。
申し訳ありません。
m(_ _)m





韓国留学日記一覧