韓国留学日記


2004年12月6日(月) 新聞の翻訳。 



自分のHPを見られる喜びを実感しております。--;;


そして今日は韓国の新聞の記事を紹介したいと思います。
新聞をすらすら読んだり、ニュースを聞いて驚いたり、、、
ここが俺の最終目標なわけです。^^;;

では、今日は毎日経済新聞(매일경제신문)の記事を紹介します。


감기 갈리면 초콜릿 드세요
 風邪にかかったら、チョコレートを召し上がって下さい。


기침  억제성분  함유
咳(咳嗽)抑制成分含有

 
@초콜릿에  감기환자의 기침을 가라 앉히는 특효물질이
들어있다는사실이 밝혀졌다.
 
@チョコレートに風邪の患者の咳を鎮める特効物質が、
入っているという事実が明らかになった。

 
A영국 런던 임피어리얼 대학 브롬프턴 병원의 피터 반스 박사는
「미국실험생물학협회(FASEB)저널」
최신호에 발표한 연구보고서에서 초콜릿에 들어있는 성분 중 하나인
테오브로민이 현재 감기의 진해제로 쓰이고 있는 코데인보다 약 30%
효과가 큰 것으로 밝혀졌다고 말했다.

A英国ロンドンのインペリオール大学(Imperial College)、
ブロンプトン病院(Royal Brompton Hospital)の、
ピーター・バーンズ(Peter Barnes)博士は、
「米国実験生物学協会ジャーナル」の最新号に発表した研究報告書で、
(The Federation of American Societies for Experiemental Biology Journal)
チョコレートに入っている成分の中の1つであるテオブロミン(theobromine)が、
現在、風邪の鎮咳剤に使用されているコデイン(codeine)より、
約30% 効果が大きい事が明らかになったと述べた。


B테오브로민은  또  기존의  감기치료제와는  달리  심혈관  또는 
중추신경계에 영향을  미쳐  졸음과  같은부작용을  유발하지  않는
것으로  확인됐다고  반스  박사는  밝혔다.

Bテオブロミンは、又、既存の風邪治療剤(薬)とは異なり、
心血管系又は中枢神経系へ影響を及ぼしたり、眠気といった副作用を、
誘発しないことが確認できたとバーンズ博士は明らかにした。


C반스  박사는  일단의  실험참여자를  대상으로  테오브로민, 코데인 
또는  위약을  투여한  뒤  임상연구에서  흔히  기침을  유발하는  데
쓰이는  캅사이신에  노출시켰다.

Cバーンズ博士は実験参与者を対象に、テオブロミン・コデイン・
偽薬(placebo)を投与した後、臨床研究でよく咳を誘発するのに使用される
カプサイシン(capsaicine)に暴露させた。


D그  결과  테오브로민  그굽은  기침을  유발하는  데  필요한 
캅사이신의  양이  위약그룹에  비해  약  30%  높은것으로  나타났다. 

Dその結果、テオグロビン グループは咳を誘発したが、
必要なカプサイシンの量が偽薬グループに比べ、
約30% 多いと発表した。(以上)


テオグロビンには咳抑制作用があるため、
咳を誘発するのにより多くの咳誘発物質が必要であったということです。
「グラム」とか具体的な単位(数字)はよく分からないので、
仮に「NOC」という単位で説明すると、
咳を誘発するのに必要なカプサイシンの量は、

偽薬群:100(NOC) ←薬効がないため。
テオグロビン群:130(NOC) ←抑制しているため、より多くの量が必要。

一応、これでテオグロビンの咳抑制作用を証明しているわけですが、
コデインよりも30% 効果があるという根拠はどこにもないんですよね、、、

新聞もかなり適当に書かれていることがよく分かりました。
英語の文献にも目を通しましたので、付け加えておきます。

《コデイン群:ほぼ100(NOC)》

これと比較することで、コデインより30%効果があるといえるわけです。
記者が内容を理解してないってのも韓国っぽいな、、、--;;

ただ、風邪をひいた時に、

チョコレートを食べまくるようなことはしないで下さいね。^^;;

最近、そういう極端な人が多過ぎるので、、、^^;;;;;


まあ、こんな感じで少しずつ紹介できたらいいなと思っています。

最後に、今回、監修をしてくれた「ふぁよん」に感謝の意を表します。
m(_ _)m



ふぁよん。




2004年12月8日(水) 日本語。 



今日は日本語の難しさを再認識した日でした。
日本語専攻の友達がどうやら貿易関係の仕事をしたいらしく、
会社に提出する紹介文等の作成を手伝ってきました。^^;;;;;
9月28日の日記で登場した友達です。

今日は彼女にとって、
人生で最も俺を必要とした日だったのではないかと思います。

その書類の書き方ひとつで、友達の人生が左右されることを考えると、
妥協は許されず、久しぶりに神経をすり減らして来ました。 (^_^;
正直に言うと、
(( ;゜д゜))アワワワワ ←こんな感じでビビってました。

日本語専攻で日本に留学経験のある人でも、
企業に提出する文章を作るのは難しいみたいですね。

俺の場合、韓国で働く気なんて全くないので問題はないんですが、、、

あ、すみません。少し訂正します。

俺、何を血迷ったのか、韓国で少し働いてしまいました。--;;

ただ、相当ムカツク事があったので、明日で辞めることにしました。
(ノ-_-)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・ 

何をしたかって?
今日はまだ言えませんが、明日の日記で書くことにします。
お楽しみに♪


なんか今日もグチっぽくなったので、
最後に綺麗なカフェの写真でも載せようかと思います。




「CAFE CHLORIS」。




テラス席(っぽい)。 ←かなり寒そう。




室内は快適。^^

新村の裏通りに面しているため、人も少なく最高です。^^
当分の間、ここを利用することにします。(*^-^*)


それでは、明日、最後の大仕事に行ってきます!




2004年12月9日(木) アルバイト。 



実は先月からアルバイトを始めていた。
「日本語(家庭)教師」のバイトである。
時給は書けないが、韓国にしては良い方である。

場所は地下鉄2号線 市庁駅の近くのカフェで教えていた。
そして、教える相手は、かわいらしい女性ではなく、

30代のおっさんであった。(見た目は40代)

そして、この韓国人との出会いは、
俺の韓国人不振を指数関数的に増悪させた。

奴は俺と会ってから、一度も時間を守った事はなかった。
契約の説明や教師(俺)の紹介のために、会社の人と3人で会ったのだが、
余裕で遅刻してきた上に、反省の色なし。
さらに、横柄な態度で接してきた。
初対面での印象は、

「なんだ、こいつ!」と、決して良いものではなかった。

いつもなら、接していくうちに、悪い印象も解けていくものだが、
この韓国人は違ったのだ。

毎回当然のように、曜日を変更してくるし、
奴が指定してきた曜日・時間に行っても、必ず遅れてくるのであった。

約束があっても友達に電話で説明し、日程を調整していたが、
俺の我慢は限界に近づいていた。

そして、前回、決定的な事が起こったのだ。
変更された曜日・時間に行ったが、やはり来ない。--;;
30分程待たされて、ようやく奴が来た。

こういう時、俺は相手の呼吸数(/min)を数える癖がある。
至って普通である。
とても走って来たとは思えない。

さらに、奴は手ぶらで来やがったのだ!

一応、使うことになっているテキストがあったのだが、、、
生徒への愛情が冷めていくのを感じた瞬間であった。

先生よりもやる気のない生徒。
教育ママに無理矢理やらされている小学生ではないだろうに、、、
まあ、常識は小学生以下のレベルであるが、、、

そして、他にも気になることがあった。

それは奴の口臭である。

かなり強烈で、日本だったら「異臭騒ぎ」になりそうなレベルでした。
正直、つらかったんです。(T_T)

他にもたくさん理由はあるんですが、ここまでにしておきます。

さすがに変更が多過ぎるということを会社の人も理解してくれたようで、
本日をもって辞めさせて頂きました。

わずか1ヶ月という短い間でしたが、本当に不快な思いしかしませんでした。
しかも、奴に日本語を教えたのは、わずか2回
この数字を見ても、いかに変更・キャンセルが多かったかが分かると思います。

日本でも時間や仕事にうるさい俺は、やっぱり韓国で仕事はできませんでした。

まあ、別に韓国で金を稼ごうとか思ってないからいいけど、、、( ´ー`)

さて、ようやく自由になったことだし、

冬休みを満喫するか!(*^^*)
 

【今日のバイト】
最後の大仕事と昨日書きましたが、

結局、ドタキャンされました。 (××)




2004年12月11日(土) 結婚式。 



先日、韓国人の結婚式を見学してきました。
先日と言っても、かなり経ってしまいましたが、、、^^;;
ちょうど期末試験の真っ最中だったんですが、
誰がどう考えても、

試験より結婚式のほうが大事じゃないですか。^^


いつもお世話になっている「南国情緒さん」の知り合いが、
結婚するという情報を得たため、一緒に連れて行ってもらいました。^^

地下鉄6号線 「清潭駅」から徒歩10分くらいの所にある豪華なホテルで
行われました。

韓国の場合、呼ばれていない人でも式場に入れるようで、
しかも、俺は御祝儀を全く払わなくていいとのこと。^^

で、実際に中に入ってみると、立食ではなく着席型で、
コース料理がでてくるではないですか、、、(*^^*)
韓国最高!(^_^)/~~~

式の進行のほうは、聞いていた通りスピーディーなものでした。^^;;
基本的には30分で終わってしまい、
日本の結婚式に慣れている人は物足りなさを感じるかもしれません。
日本だと、新郎・新婦が席の割り振りで悩むことが多いじゃないですか。
韓国の場合は、「座席指定」ではなく、本当に自由なんですよ。

無駄がないという表現が合っているような気がします。^^

個人的にはシンプルな韓国スタイルのほうが好きです。

自由なスタイルもいいんですが、
もう少し新郎・新婦を祝ったほうがいいんじゃないか?という時もありました。

牧師さんが新郎・新婦にいろいろ言っていましたが、
俺が見る限り、9割の人は無関心でした。^^;;
とにかく、「食事最優先」といった感じです。

しかも、音立て過ぎ、、、(^_^;


コース料理 ≫ 新郎・新婦



コース料理 ≒ 新郎・新婦

新郎・新婦共にめちゃくちゃ良い人だということが、
見ただけで分かりました。
お幸せに!
m(_ _)m



結婚式場前にて。^^


【最後に】
南国情緒さん。
おかげさまで、貴重な体験ができました。
また機会がありましたら、ぜひ誘ってください。
よろしくお願いします。
m(_ _)m





韓国留学日記一覧