韓国留学日記


2005年7月2日(土) 7月突入!



ついに7月ですね。
先程、無事に小旅行を終えて帰ってきました。

マジで暑かったです。_| ̄|○

とにかく疲れてるので、寝かせてください。
明日からまた更新予定です。m(_ _)m




2005年7月3日(日) 追憶A。



ドタキャン。

これは韓国で生活する上で避けて通れないもののひとつだ。

旅行で来ていた時は、
「これがコリアンタイムか、、、」とあまり深く考えていなかった。

また、留学当初は韓国人の友達も少なかったため我慢していたが、
友達が増えるにつれて、友達を選ぶようになった。

その際に考えることは、やはりドタキャンをする確率だった。

友達が少なかったため、突如ドタキャンされると予定が空き、
何もやることがなくなるというという最悪の状況になっていた。

今だったら、他の友達を見つけたり、ヘルスに行く等、
時間を上手く使えるようになったのだが、
当時はまだまだ韓国生活に慣れていなかった。

しかも、せっかく韓国にまで来たという意識が強く、
何も収穫がない時間に対して焦りさえ感じていた。

今だったら特に何もせず、ボーと過ごしたりもするようになったのだが、
語学のレベルに余裕がなかった当時はとにかく焦ってばかりいた。

『俺は今何もせずに部屋にいるけど、
他の人は韓国人とエクスチェンジとかして
韓国語をどんどん伸ばしてるんだろうな〜』

こんな考えが頭の中を支配していたため、
部屋なんかにいてはダメなんだ!と考えていたほどだ。

まあ、この極端な考え方が後に役立つことになったのだが、、、




2005年7月4日(月) 追憶B。



韓国語は使えば使うほどスムーズに話せるようになる。
恐らく他の言語もそうだ。

韓国人と一緒にいる時間が長ければ、
自然と韓国語を使う機会が増える。

積極的に韓国人と絡んでいた俺の韓国語は
気付かないうちに少しずつ滑らかなものになっていった。

最初の頃は、頭の中で考えながら会話をしていた。
単語同士を頭の中でつなぎながら話をしていたのだ。

慣れていくうちに、今度はフレーズをつなぎながら話せるようになった。
単語ではなくフレーズである。

そうなると会話をするのが楽しくなり、とにかく話をしまくった。

ここまで出来るようになるにはいくつかの壁があったのだが、
3級の頃にはかなり完成していたような気がする。

一番大きな壁はこの日記でも何度も紹介したが、
間違いなく、「聞き取り」だった。

まるで音楽のように聞こえたため、
韓国に来た当初は聞き取れることのほうが少なく、
人と話すたびにストレスが溜まった。

耳が慣れていないため、知っている単語すら聞き取れなかったのだ。
相手に聞き返し、紙にその単語を書いてもらった時、
自分の知っている単語だとかなりブルーになる。

知っている単語も聞き取れなかったら、
当然、知らない単語も聞き取れない。
じゃあ、俺は何を聞き取れるのか?
韓国語のセンスがないのか?

こんな感じで、落ち込んでいた日々が今となっては懐かしい。

「ある日、急に聞こえるようになるよ。」

いろいろな人から聞いていたが、本当にそんな日が来るのか不安だった。

「朝起きたら、急に聞こえるようになってた。」

こんな人もいた。実に不思議だった。

とにかく、「その日」が来るまで努力を続けることにした。
更に、自分で発音してみることで、耳を慣れさせる努力もしてみた。

で、結論から言うと、結局、「その日」は来なかった。

どうやら、人によって異なるようだ。(^_^;

俺の場合は、少しずつ段階を踏んで伸びていった気がする。
とにかく諦めずに努力を継続したことが良かったんだと思う。

『好きで韓国語を勉強していても、やめたくなる時が必ず1度は来る。』
『大切なことは、その時に続けられるかどうかだ。』

留学前に、師匠のひろしさんから何度も聞かされた言葉である。
さすが留学経験者。
非常に助けになった。^^




2005年7月5日(火) 新聞の翻訳C。



このコーナーも本当に久しぶりですね。(^_^;
5ヶ月ぶりです。--;;

韓国で結構イラつくことのひとつに、「運転マナー」が挙げられます。
乗っている時はもちろん、歩行者の立場から見てもです。

どういうことなのか実際に写真で紹介してみようかなと。




新村のシンナラ レコード前にある交差点です。
最近は歩行者用の信号が正常に作動するようになりました。
以前は1ヶ月位故障していた時もあったんですよ。--;;;

では、韓国の運転マナーはどのように悪いのでしょうか?

それは、運転手が「横断歩道を全く意識しない」ということです。




最悪の駐車の仕方です。

その結果、、、




車を避けながら渡らなければなりません。
ちなみに手前の車はタクシー。

彼等は運転する時、頭の中に 「予測」という言葉はありません。

信号が青だったら進む。まあ、赤でも進むが、、、
つまり青だったら、とにかく前に進めるだけ進むんですよ。

で、交差点のど真ん中で停車中に、信号が赤に変わり、
青で進もうとする車から「クラクションの嵐」って感じです。

もう自分達で渋滞を作っているようにしか見えません。

こんな交通事情あるため、
彼等が横断歩道を意識するはずもないわけです。

上の写真では乗用車なので、信号を見ることができるんですが、
これがバスだと完全に視界を遮られます。
青なんだか赤なんだか全く分かりません。

疲れている時、俺にこれを許容できるほどのキャパはなく、
とにかくキレてました。いや、まだキレてます。マジで。




バスの間を歩きます。
排気ガスも加わり大変です。

皆さん!雨の日はどうなるか分かりますか?

韓国人は傘が人に当たらないように気を使うなんてことはしません。
傘を避けないと、尖った部分が余裕で目に刺さります。
気をつけましょう。

俺は後ろから日傘の尖った部分で頭をやられ、
アジュンマ(おばさん)にキレたことが多々あります。
この日記には書けないような汚い言葉を相当使います。

写真のように狭い空間を傘をさしながら渡る時なんかもう最悪ですよ。
「観光」ではなく、「日常」での体験なのでちょっと許せませんね。


では、そろそろ新聞のほうに入ります。



정 지선 지키기 ‘초심’ 어디로...

停止線厳守の「初心」どこに、、、


@정지선 위반 단속을 시행한 지 7개월이 지났다.

@停止線違反の取締りを施行してから7ヶ月が過ぎた。


A단속 촛날인 지난해 6월1일
운전자들의 80% 이상이 정지선을 지킨 것으로 조사됐으나
최근 들어 경찰의 단속활동이 뜸하자
다시 정지선을 위반하는 운전자가 늘어나고 있다.

A取り締まり初日である昨年6月1日、
運転者の80%以上が停止線を守ったと調査で明らかになったが、
最近になり、警察の取り締まり活動が落ち着くと、
再び停止線を違反する運転者が増加している。


B11일 서울 종로2가 교차로에 차량이 정지선을 넘어
횡단보도까지 점령하고 있어 보행자들의 눈 살을 찌푸리게 하고있다.

B11日、ソウル鍾路2街の交差点で車両が停止線を越え、
横断歩道まで占領しており、歩行者は眉間のしわを寄せている。


C단속을 하면 잘 지키는 듯하다 단속이 없으면
슬그머니 위잔하는 이 같은 행동은
우리 사회의 품격을 떨어뜨리는 행동이다.

C取り締りをすればよく守り、取り締りがなければ
こっそりと違反する人のような行動は
我が社会の品格を下げる行動だ。





監修:ふぁよん


韓国で1年間生活してみたんですが、
韓国の社会に「品格」というものがあるとは思えません。
少なくとも、俺の目にはそう映ります。( ´ー`)

無理するな!韓国!




2005年7月6日(水) 最悪。 (-_-;)



1泊2日の旅行から帰ってきました。
韓国に来てから、いろいろ旅行はしているんですが、
その中でも、間違いなく最悪な旅行でした。

明日更新。




2005年7月8日(金) 旅行?@



まだ疲れてます。 (-_-;)

あれが旅行と言えるのかどうか分かりませんが、
彼等は旅行と主張していました。

まあ、弾丸旅行って言うんでしょうね。きっと。

まず、登場人物から紹介しなければなりません。

@韓国人(女)---日本語は挨拶程度。全羅南道(光州)出身。
A韓国人(女)---日本語は挨拶程度。慶尚南道(釜山)出身。
B韓国人(男)---日本留学中(一時帰国)。慶尚南道(釜山)出身。
C日本人(女)---韓国語は挨拶程度。
D俺

@、Aと俺は知り合い。

@、Aが日本に旅行に行った時、B、Cが案内した。
その時はBが通訳したが、留学1ヶ月目だったため、
ほとんど英語や身振り手振りで通したらしい。

現在、留学4ヶ月目のBはCと付き合っている。


以上のことから、俺が通訳することになった。

韓国人の出身をみて分かると思いますが、相当訛ってます。_| ̄|○

次はスケジュール。

【7/5】
22時 ソウル駅前集合。車はレンタカー。@が借りてきた。
23時 仁川国際空港到着。この時点でかなり眠い。
24時 Cとの再会。俺は初対面。

【7/6】
0時 BがCにメールを送っていなかったという理由でモメる。どうでもいい。
1時 全羅北道へ向けて出発。正確な目的地は不明。宿泊場所も不明。

休み休み全羅北道へ南下。

5時 目的地が全羅北道のプアン(부안)と知らされる。

目的地だけでなく、本日の詳しいスケジュールも知らされたが、
宿泊場所に関しては全く説明がない。

誰も聞かなかったが、この時点で徹夜なんだな、、、と静かに悟った。

通訳のほうは、意外にも問題なくこなせた。この時点では、、、

通訳というものを初めて任されたため、
緊張しながらも集中力を保ちながらやったため
眠気なんか気にする暇もなかった。この時点では、、、


6時 プアンにあるドラマロケ地に到着。

KBS大河ドラマ「不滅の李舜臣」(불멸의 이순신)。
特に興味はない。

日本の水軍を破った李舜臣は韓国の英雄。
それ以降の英雄はいないのか?
まあ特に興味はない。

一応、写真も撮ったんですが、つまらないので省略。

その後、延々と車でロケ地見学。
みんな疲れているため、会話は全くない。(-_-;

この時点で仕事を終えたまま来た日本人女性はダウン。

美味いとは言えない朝食を取った後、
変な寺に連れて行かれる。有名らしい、、、

@が寺とかに非常に興味があることが判明。
疲れから集中力を欠きだした俺は、このマニアックな解説に苦戦し始める。


「전세」?
「전생」だったかも、、、

恐らく、新聞(文字)で見たら分かったと思われる言葉。
初めて聞いた単語なので通訳出来なかった。_| ̄|○











「前世」だった、、、_| ̄|○



説明をしている@も疲れがピークのため、
上手く通訳ができない俺にイラつきだす。 ( ̄_ ̄|||)

冷静に考えてみると、俺は金をもらってるわけではない。

いろいろ分からない単語が出てきたのだが、
辞書を持たない俺は、とにかく韓国語で単語の説明を受ける。

なんとか切り抜けることができたが、
どうしても分からない言葉も時々あった。


「연꽃」?





















「蓮華」だった、、、_| ̄|○



明らかに疲れが見えるCだったが、やはり日本人。

@A「大丈夫?疲れてない?」

俺(疲れていると言ってくれ〜) (_ _(--;(_ _(--;

C「全然疲れてません。大丈夫です。」

_| ̄|○ ←俺

「とても疲れてます。」と訳そうかと思ったんですが、
@A共に「大丈夫」という単語を知っていたんですよね、、、

まあ、これが日本人の長所であり短所なのだが、、、



つづく



【最後に】
昨日起きたロンドン同時テロ事件の犠牲者の方々に
哀悼の意を表します。m(_ _)m





韓国留学日記一覧